高校留学なら当サイトにお任せ!

このサイトでは、オーストラリアへの高校留学をする前に知っておきたい日本の教育システムと比較した内容について紹介しています。
日本とは環境や文化が大きく異なるため留学先として教育の質は十分なのか、移民が多い国と聞くので様々な国の人と国際交流ができるのかについてお伝えします。
また、現地での勉強に大きく関わってくることとして学年はどのようにして決められるのかや留学中に学べる科目は何があるのかという疑問に対しても解説していきます。

高校でのオーストラリア留学前に日本の教育システムと比較

高校でのオーストラリア留学前に日本の教育システムと比較 オーストラリアへの高校留学の利点として教育水準の高さと国際交流が挙げられます。
オーストラリアにおける教育水準は高いと有名であり、在学中に修めるべき学習内容が各科目ごとに国によって管理されています。
日本の高校で学べる国語、数学、理科、社会、ITや芸術などが学べることに加えて英語の習得も望めますので、日本の教育システムと比較しても遜色はないでしょう。
多民族国家であることから、単一民族の日本と比較して多種多様な文化や考え方に触れることができるため学校や街中で生活している間に高いコミュニケーション能力が育まれます。
グローバル化している現代においてこの能力は社会に出た際に役立てることが可能です。
高校留学をオーストラリアで行うことにより、日本での高校生活とは異なる多くの経験を積むことができ、留学後の進路に大きくプラスとなるでしょう。

日本の文化と違うオーストラリアの高校留学しよう

日本の文化と違うオーストラリアの高校留学しよう オーストラリアの高校は、約7割が公立高校で残りの3割程度が私立で構成されています。
特徴的なのが、私立の高校の宗教的な側面です。
効率は無宗教的な文化で授業を行っていきます、反対に、私立の語学学校は宗教系のところが多い傾向があるため、私立への高校留学を考えている場合には気を付けなくてはいけません。
また、日本と根本的に異なっている点では、4学期制を採用している点が挙げられます。
日本では定期的な休みが存在し、3学期を基準として授業を行っています。
しかし、オーストラリアの場合は年に4回程度の数週間の休みが与えられる一方で、夏休みのような大規模な休日が存在しません。
継続的に高校で勉強ができるように工夫をしていますので、効率的に学業に専念できます。
また、放課後にクラブ活動が存在しないという大きな違いも存在します。
習い事などを行う時には個人的に行うことが普通であるため、この点も大きく違います。
授業内容で大きく異なる点では、個人のスキルや個性を大きく伸ばす点に力を入れている点です。
音楽や芸術、そして外国語はそれらが特に現れています。
実践的な授業が多く、社会生活で役に立つ授業を受けられるため有意義な高校留学になります。

高校留学についてはコチラもチェック

オーストラリアへ高校留学するなら